入れ歯に関するトラブルも早めに相談!【合わない時は放置しない】

入れ歯が合わないとトラブルがおきやすい【対策と予防が必須】

どんな風に入れ歯が作られるのか

入れ歯を初めて作るという人は、入れ歯ができるまでの流れを調べてみましょう。出来上がるまでの流れを知っておくと、どのぐらいの期間が必要になるのかイメージしておくことができます。

入れ歯が出来上がるまでの流れ

メンズ

治療計画の説明・検査

入れ歯を作るときは、最初に治療の計画、流れを説明し口腔内の検査を行ないます。検査では、困っている症状の確認・口腔内の確認などをし、最終的に決まった治療方法と治療にかかる費用を担当の歯医者が提案してくれます。

仮入れ歯の作成

入れ歯を作る前に、仮入れ歯を作成し患者の口にあっているかどうかを確認します。患者の中には、合わない入れ歯を使い続けたことによって噛み合わせがズレてしまっている人も存在するため、噛み合わせを細かく確認します。

本入れ歯の作成

仮入れ歯で噛み合わせを確認した後、問題がなければ本入れ歯を作ります。本入れ歯を作る際、多少の調整が必要になることもありますが、仮入れ歯でほとんど調整されているため快適に使うことができるでしょう。

定期的なメンテナンス

本入れ歯を使い初めて、約3ヶ月から6ヶ月ころにメンテナンスを行ないます。メンテナンスでは入れ歯の調整と、口腔内の確認をし、トラブルがないかチェックすることができます。

入れ歯に関するトラブルも早めに相談!【合わない時は放置しない】

歯

保険治療と自費治療の違いについて

東京で作る入れ歯作りは、保険を使った方法と自費で作る方法の二種類から選ぶことができます。保険適用と自費とでは材料だけではなく、入れ歯作成にかける時間や技術面も異なります。そのため、自分の口に合った入れ歯を作りたい人は自費で作るフルオーダータイプの入れ歯が良いと言われています。

院内

合わない入れ歯を使うデメリット

合わない入れ歯を我慢して使い続けているという人が、実は多く存在すると言われています。しかし、合わない入れ歯を使い続けると、食事を楽しむことができない・滑舌が悪くなるなど様々なトラブルに悩まされてしまいます。トラブルを回避するためにも、入れ歯を使っているときに違和感を感じたら早めに歯科で相談してみましょう。

治療器具

入れ歯の種類

多くの人が入れ歯なら、どれでも同じと思っていますが実は入れ歯には幾つか種類があり、種類によって審美性や機能性が異なります。そのため、審美性や機能性にもこだわって作りたいという人は、フルオーダーの入れ歯作りでも担当医に審美性・機能性の高いタイプで作成を依頼することができます。入れ歯の種類によって特徴が異なるため、事前に調べてみてください。

歯型

入れ歯のケアを怠ると起こりうる症状

毎日のように使う入れ歯だからこそ、毎日のように丁寧にケアをすることが大切です。入れ歯のケアを怠ってしまうと、歯周病や虫歯といった口腔内トラブルの原因になってしまいます。その他にも、口臭の原因になる事もあるため気をつけましょう。

入れ歯について詳しく調べておく事が大切!

入れ歯には、幾つか種類があり、保険を使うか使わないかで金額も作成方法も変わります。作成方法が変われば、使い心地も変わってしまうため、入れ歯を作る前に詳しい情報を調べておきしょう。