矯正歯科で歯並びを整える【歯並びが悪いと現れる困った症状を改善】

歯並びに関するコンプレックスとおさらば!矯正歯科で受けられる治療

治療器具の違いをチェック

矯正歯科によって扱っている治療方法は異なります。治療方法が異なれば、治療期間中のメリットやデメリットなども異なるため、どんな違いがあるのか調べておきましょう。違いを調べ、挑戦してみたいと思える治療方法を見つけることができれば、その治療を取り扱っている歯科を受診して、歯医者に相談してみてください。

気になる矯正器具の違いを徹底比較!

唇側矯正

ブラケットという矯正器具を歯の表側につけ、歯並びを整える治療方法です。ブラケットの色が白いタイプなら、銀色のタイプよりも目立ちにくいでしょう。しかし、近くだとバレやすいでしょう。

マウスビース矯正

透明なマウスビースを装着し、歯並びを整えていく治療方法です。抜歯をしない治療方法のため、歯を残した治療方法を希望する人が主に利用しています。しかし、約二週間に一回の頻度でマウスビースを変える必要があるため通院回数が増えてしまうでしょう。

矯正歯科で歯並びを整える【歯並びが悪いと現れる困った症状を改善】

歯医者

歯並びを綺麗に整える理由

歯並びが悪い状態のまま生活を続けていると、審美面でコンプレクスになるだけではなく健康にも悪い影響を与えてしまいます。例えば
・虫歯になりやすくなる
・歯周病になるリスクが高まる
・しっかり咀嚼できないため胃腸に負担がかかる
・頭痛や肩こりの原因になる
といったトラブルの原因になってしまうでしょう。外見のコンプレックスを解消するだけではなく、健康を守るためにも、歯並びが気になる人は北九州にある矯正歯科で治療を受けてみてください。

治療器具

矯正歯科での主な治療方法

矯正歯科によって異なりますが、主に唇側矯正・舌側矯正・マウスビース矯正といった三つの方法で歯並びの治療を行ないます。治療方法は、患者の希望と症状に合わせて決めるため希望する治療方法がある場合は、歯医者に相談してみましょう。症状によっては、希望する治療方法が受けられない場合もあります。その時は、理由を必ず確認し納得した上で治療をスタートさせるようにしましょう。

歯型

治療にかかる期間は人によって違う

矯正治療をスタートする時の、症状によって治療期間は異なります。全体的に歯並びを整える治療の場合は、約1年半から2年半ほどかかると言われていますが、部分的な矯正治療の場合は約1年未満で終わる事もあると言われています。通院する回数は、治療方法や症状によって異なるため、治療を受ける前に矯正歯科でカウンセリングを受け治療の流れを確認しておきましょう。

計画的に治療を進める事が大切!

歯並びがコンプレックスになっている人は、治療方法だけではなく治療期間なども調べておきましょう。どんな方法で治療を受けるかによって、治療中のメリット・デメリットが異なります。